医者の負担

病院は、医師免許を持つ医者を頂点とした縦社会だとよく言われる。
また、最近の不安定な求人雇用にあっても、医者は医師免許を持つ数が少なく、圧倒的に有利なのは間違いない。
しかし、外来などを担当する医者の勤務状況を見ると、決して職場環境に恵まれているとは言えない。
5分刻みに次々と患者をこなしていくにも、いくら仕事とは言え、かなりのストレスを感じる筈だし、中には我侭な患者も多くいる筈です。
そして、医者に考える余裕も与えない現在の医療制度は、患者のためにも良くはない。

また、高齢化によって患者の数が莫大に増加するのはこれからで、その体制を大学や厚生労働省に任せていても状況は益々悪くなる一方だと思います。
少なくとも、現在の医療現場では、わざわざ医者の診断を仰がなくても、治療や薬の再布など、多くの割愛できる作業がたくさん残されている。

例えば理学療法士。
リハビリでは、定期的に医者の診断を仰がなくてはならないが、しかし、その周期をもっと長くしても、患者の側は別段に影響しない。
近年は、看護師が注射を打つことが当たり前となってきたが、ある程度現在の医者の行為を様々なスタッフに委譲していかなければ、
本当に医師の体が持たなくなってしまいます。

関連リンク:http://www.iryou-genba.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です