看護助手

看護助手は看護師の助手を主な仕事とします。医療系の仕事ですが資格がなくても働くことが出来ます。
看護師不足の救世主であり、医療部門に興味を持った社会人が手始めに行える職です。

仕事内容は看護師の助手のような役割で、医療系の資格が無いので医療行為、またはそれに準ずる行為は出来ませんが、入院病棟で患者に配膳を行ったり、排泄や入浴の補助、部屋の掃除など身の回りの世話がほとんとになります。器具を整理整頓するなど雑務も仕事のうちです。働き方もパートタイムがほとんとになると思いますが、夜勤もあるので時間に余裕があり夜勤もこなせる人は職場でも重宝されるでしょう。現在医療現場では医師や看護師の慢性的な不足が問題となっています。ですので本来医師がやるべき仕事の一部を看護師がまかない、看護師の仕事をやれる範囲で看護助手が行うというようになっています。

資格が必要なく、すぐにでも働き始めることが出来るというのが看護助手の強みです。社会人になってから看護師を目指す人も多くなっている昨今、看護助手で医療現場を体験してみるのもいいと思います。やはり実際の現場を知るのとそうではないのとは違いがありますし、もし看護師免許を取得したとして看護助手の経験があることは就職にも有利になります。求人も気をつけて見ると意外に多くあるので、まずは体験してみるのもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です