京都看護事情を独自に調査

京都府が設置したあんしん医療制度研究会は、
独自に医療現場の状況を調査し外部の有識者からの意見も取り入れるなどして、今後の医療体制のあり方について活発な意見交換が行われています。

京都府は全国的に見れば、看護師の絶対数は多く、一見すると他の地域と比較するとそうした動きは活発である必要性を感じないかもしれません。しかし、近代医療の技術の高度化についていくため、より専門性の高い知識が必要になるのです。そうした人材を確保しなければならないのは、看護師の全体的な人数の多寡によるものでは無いのです。また、京都府全体では十分な人数を確保できていても、京都の各地域では、特定の地域は十分に看護師がいるものの、別の地域では圧倒的に不足している地域もあり、各地域間での格差の問題もあります。

また、今後の患者の高齢化のことも考えますと、看護師の必要性は将来に渡って高い状況が続く。京都に就業を希望する看護師の卵にとっては良い状況であるとも言えます。
特に、あんしん医療制度研究会では、北部地域において医療機関はもちろん、看護師の数が不足しているという現状を既に把握しているのですから、今後は京都府全体でこうした医療格差の是正に動くものと見られています。新たな医師や看護師の確保が京都でも重要であることから、新卒の看護師はもちろん、他地域からの転職を希望する看護師、現場に復帰することを希望する元看護師にとっても有利な状況は今後も続きます。

特に看護師不足が目立つ中丹後地域においては、自治体だけでなく京都府や大学病院も協力して医療供給体制の拡充と質の底上げに向けて準備を進めています。
今後は、現状のキャリアをステップアップを望む現役看護師のサポートはもちろん、看護師になることを目指す学生への資金面も含めた援助。再就職を目指す元看護師のための支援などを、各地域ごとに地域に合った形で取り組みを進めて行く模様。京都府全体の医療や看護、介護サービスの安定供給が進むので、看護師にとっても安定して働ける良い職場になっていくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です