病院勤務の薬剤師の役割

薬剤師は調剤薬局だけではなく病院でも活躍できる職業です。
急性期の病院では多くの患者がいれば扱う薬品が多くていろいろな経験ができます。
療養型の病院では、長期間同じ患者に対して同じ医療を行うので、スキルの幅は広がりにくい。
病院に勤務する場合は、病院の傾向や得意分野で処方が大きく変わります。
患者への説明も、特別に注意しなければならないものもあるのでその点も考慮した職探しが求められます。

調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師とは違い、病院勤務の薬剤師は、患者さんに向き合うことができます。
調剤薬局に勤務する薬剤師は、医師の処方箋に書いてある薬を患者さんに渡して、使い方を指導するだけです。
また、ドラッグストアに勤務の薬剤師は、お客の相談に乗って薬を探すくらいです。時にシャンプーや洗剤の棚出しもある。

病院勤務の薬剤師は医療現場で活躍できてやりがいにも繋がっていきます。
医師より、副作用についての問い合わせを受けたり、医師にアドバイスを行うこともある。
医療の現場では、訪問看護師や訪問介護と一緒に行動し、薬の管理を任せられ家族から相談を受けるシーンもある。
ですが、病院勤務が大変なのに対して調剤薬局やドラッグストアに勤務する薬剤師より年収は低めとも言われています。
現実問題として発生している事実。

病院勤務の薬剤師の良い点は、福利厚生です。
組織が大きければ、院内での勉強会や外部セミナーに参加できます。
会社組織では、なかなか得られないキャリアアップです。

また薬剤師は、求人倍率が高くなかなか転職が難しい職場のようですが、
病院勤務でスキルを上げ、次の転職に活かせるよう準備することはできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です